teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:126/402 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

小泉氏政界引退

 投稿者:こまいぬメール  投稿日:2008年 9月26日(金)23時51分50秒
  通報
  小泉元首相が政界を引退するそうです。

八割方そうするだろうと思っていたので、特に驚きはないというか、
意外というほうが意外。

誤解を恐れずに乱暴な言い方をすれば、政治家あるいは首相として
政治をしたのではなく、純粋に首相として首相をしたのだと思われます。

普通、首相に限らず、何かになるというのは、何か目的があってのこと
です。自分の理念を実現するためであったり、あるいは名誉や利権を
得るためであったり、目的はさまざまですが。

ところが、たまにそういう価値観とは別種の価値観を持ち、しかも周囲の
価値観に合わさず自分の道を突き進む人が出てきます。そうすると日本人の
習性で、まずは何とか自分たちの価値観に同調させようとし、それが駄目だと
徹底的に潰そうとします。ところが、それでも駄目だと見て見ぬふりをする、
場合によっては媚びへつらうようになります。ただ、そこまで耐えられる
人は滅多にいないのですが。

小泉氏はそういう例で、しかも政界でそれをやった稀少な存在だと私は
考えるわけです。

こういう人物を見る場合、自分の思考の枠組みで理解しようとするのではなく、
理解できない部分に注目して価値観の枠組みを推測する必要があります。

そういう目で見ると、小泉氏は首相として何かをしようとしたのではなく、
もっともうまく首相をすること自体に目的を置いていたと考えられるわけです。

それともう一つは、まず間違いなく小泉氏は、言わばこの世界の隠された
法則(それは一般常識とは異なる)をかなり的確に理解しているという点を
指摘する必要があります。それが勝負師などと言われる所以ですが、特に
マスコミの人間などには理解しがたい世界です。そのため、マスコミの
人間は小泉氏の行動が予測できないのだと思われます。首相の任期延長説や
再登板説などがその典型。

小泉氏がこの世の隠された法則を理解している一つの傍証として、あまり
注目されていないようですが、公的な場で一切他人を悪し様に言っていない
ことが指摘できます。これは簡単なようで非常に難しいことなのですが、
ふざけたような言葉で煙に巻きながらも、絶対に悪口は言っていません。
なぜこの点があまり注目されていないのか、私としては非常に不思議です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:126/402 《前のページ | 次のページ》
/402