teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:160/402 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re.清浄な罰

 投稿者:こまいぬメール  投稿日:2008年 5月26日(月)11時11分31秒
  通報
  >みんみん様

先週は長期出張やらもろもろがあり、レスが遅くなってしまい
ました。申し訳ありません。

今回の出張は食べ物に恵まれまして、とれたてのアスパラガスは
生でも食べられるということを初めて知りました。トキシラズ
(時不知)もご馳走になったのですが、本当においしかったです。
普通の鮭と同じ魚だとは思えません。

さて。

> 「それでは既にいじめではないか」と仰る方がいました。

いじめの問題は難しいですよね。いじめる側の問題だけではなく、
いじめられる側がそれをいじめと受けとめるかどうかという側面も
ありますから。

確かに、いじめの一つの手段として「無視する」という陰険な方法が
あるのは事実です。ただ、積極的に徒党を組んで、クラス全員で無視
する(話しかけない)というのであれば、明らかないじめでしょうが、
単に個人として、嫌な相手から離れるというのまでいじめといえるか
どうか。むろん、離れられた相手は不愉快になるかもしれませんが、
誰も不愉快にさせないなんて不可能です。

チャンナに関しては「気むずかしく、かたくなで、教団の中にあっても
他人と協力せず、とかく摩擦・抗争をおこした」そうです。こういう
人物は、好意や善意を持って接しても必ず裏切られるので、よほど
大きな器を備えた人以外、まともに付き合うことは不可能です。
気の毒といえば気の毒ですが、付き合えば自分が気の毒になる。
その場その場では善い場面もありますが、いつひっくり返るかわからない
ので常に安心ができないし、信用もできません。相手の都合に100%
合わせなければいけませんから、付き合いにおいて、常に自分を
犠牲にしなければいけません。人格障害とは、そういうものです。

そういう人物であれば(実際にそういう人はいます)周囲から人が
離れていくのは当然ですが、それをいじめということができる
でしょうか。

もし、それでもそれがいじめだという人がいるのなら、ぜひ自ら
そういう人格障害者の面倒を見ていただきたい。それでも意見が
変わらなければ、私は心の底からその人を尊敬します。

が、だいたいそういう綺麗事を言う人に限って、自分では絶対に
そういうリスクを背負わないものです。また、背負わないからこそ、
平気で綺麗事を言えるわけです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:160/402 《前のページ | 次のページ》
/402