teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:28/402 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re3.空海の真理

 投稿者:こまいぬメール  投稿日:2009年10月23日(金)16時23分40秒
  通報
  >近藤様

すっかり返答が遅くなってしまい、申し訳ありません。

一月余りバタバタしていて、今もそれは続いているのですが、
幸か不幸か、風邪で休まざるを得なくなったので、ようやく
落ち着く時間が取れました(インフルエンザではありません。
季節の変わり目と疲労が重なったようです)。

> う~ん、「嵐の恐ろしさを知らない現代人は、嵐を止めようとは思わない?
> 嵐の恐ろしさを知る昔の人々は、嵐を止めようと必死で祈った?」という
> 意味でしょうか?

いえ、嵐に対する人間の認識が変わっているということです。

我々現代人は、嵐を止めることはできなくても、それがどういう
原理で発生し、どの程度の規模で、いつ近づいて、ということを
知っています。つまり、嵐と付き合う上で余裕があるわけです。

天気予報を一切視聴しなければ、多少、昔の人々の感覚に近くなる
かも知れませんが、それでも嵐がどういう自然現象であるかを
知っていますから、むやみに恐れるということはないでしょう。

逆に言えば、嵐がどういう自然現象であるかを知っていますから、
祈ってそれが治まるとも考えないでしょう(それでも、生命の
危機にさらされれば祈るでしょうけど)。

というようなことから「嵐を止めようと思うな!」という言葉は、
現代人の余裕から出る言葉だと思うわけです。

まあ、それ自体がいい悪いという問題ではありませんが、やはり、
我々が過去を見て時代の限界を感じるのと同じように、今の自分
自身の中にも時代の限界を感じなければ、見えないものが見えない
ままに終わってしまうのではないだろうかと思います。無論、
自戒を込めてですが。
 
 
》記事一覧表示

新着順:28/402 《前のページ | 次のページ》
/402